木質チップの生産

Biomass Energy

森づくりとエネルギーをつなぐ…

日本の森林の放置が環境問題になっている

日本は、国土の約3分の2が森林に覆われた世界有数の森林国です。日本の森林資源は約49億㎥であり、その約6割を人工林が占めています。
しかし現在、日本の森林は間伐などの手入れがなされないために荒廃し、危機的状況にあります。
植栽した木を間引きして密度を調整する「間伐(かんばつ)」といった手入れを行わないと、木立の間に日光が差し込まず下草が生えないなどにより土壌が失われたり、土砂崩れの原因となったりします。

活用が待たれる森林資源需要増大へ

森林の利用は、快適は住環境の形成や地域経済の活性化につながるのみならず、健全な森林の育成とともに住みやすい環境と資源を持続的に得ること地球温暖化の防止にも貢献します。
国産材の利用は、「植える→育てる→使う→植える」というサイクルを維持して森林の有する多面的機能を持続的に発揮させるとともに山元に収益が還元され、地域の活性化にもつながります。

biomass

Wood Biomass Power Plant

再利用される木材

biomass

Our Models

保有機種のご紹介

安全性、効率性を高めるため最新鋭の機種を導入し、木質バイオマスのトータルシステムを確立しています。

AXTOR8012

木質シュレッダー / チッパーAXTOR8012

国内最大クラスの処理能力を誇る大迫力の最新鋭機。主に林地残材からのバイオマス燃料製造に使用。
欧州圏外第1号機、実際にオーストリアまで出向き導入を決定した1台。
処理能力だけで無く、省燃費製造にも優れ、均一なチップが生産されるためふるい分け等の2次作業を必要としません。また、旧来の機材と比較し、広範囲な素材に対応可能な特長を持ち、林地残材等への適応性も格段に広くなりました。
燃料加工、輸送の段階から省エネ、効率化を実現することで温暖化効果ガスの削減、地球環境保護に貢献しています。

ハイブリッド油圧ショベル

ハイブリッド油圧ショベル

燃料消費量の30%低減で、CO2排出の低減を実現させた地球に優しい新世代クリーンエンジンと、
改良を加えたハイブリットシステムを融合しています。
高い安全性と人へのやさしさを創造し、木材の投入や分別など力強い活躍です。

チップ運搬車

チップ運搬車

木質チップを運ぶトラックです。
飛散防止のためアオリが深くなっており、積載量が多く低床4軸車でボディ床面がスライドデッキシステムです。
ダンプアップしないで積載物が降ろすことが可能な安全性の高い車両です。

Renewable Energy

木質バイオマスで拡がるエネルギー