循環型リサイクル工法

The state of recycling industry

リサイクル業界における今

廃棄物量が年々増加の一途を辿っています。
現在では関連する技術の発展に伴う廃棄物の縮減およびリサイクルが促進され相対的に最終処分場の残余年数が増えてきています。しかしながら新規最終処分場の設置が難しいことから、廃棄物に対する更なる対応は依然として望まれており、これまでの大量消費社会から循環型社会への変遷が必要となってきます。
現在、資源有効利用促進法によって事業者による製品の回収やリサイクル実地等、リサイクル対策を強化するとともに、3Rを促進することで循環型社会システムの構築を図っており、その中で、建設業は特定再利用業種として当該業種に属する事業者は再生資源または再利用資源または再生部品の利用に積極的に取り組むことが求められています。
人類が日々の生活を営む中、吐き物の排出は避けれないものです。現在の社会生活水準を維持し、発展させることでより多くの資源が消費され、廃棄物が排出することが予想され、そこで、人類が活動を続けていくためには循環型社会の形成が重要な課題となると考えています。

biomass

Recycling for the Future

一歩先行く・新時代の現場リサイクル

資源循環型

一歩進めた「現場リサイクル」

我社では、一歩進めた「現場リサイクル」を実現しています。従来、土木・建設現場での「掘る・造る・運ぶ・捨てる」の工程を捨てない」という視点で見直すことで、リサイクルの推進はもとよりコスト削減、作業の効率化とういう相乗効果を生み出しました。

主な使用機種   

主な使用機種   フィンガスクリューナ1

コンクリートリサイクル

低コストのコンクリートリサイクル技術

解体工事の現場で大量に発生するコンクリートガラは、分別、破砕、ふるい分けの工程を経て再生砕石として再利用できる。しかも、解体現場での作業が可能であり、従来掛かっていた、運搬費、処分費、新規骨材購入費が軽減され、再生費用を差し引いてもトータルコストを大幅に削減することができる。

アスファルトリサイクル

アスファルトの特長を活かした再利用

アスファルトは、防水性、防錆性、防振性、防音性、接着性、粘弾性さまざまな特性を持ち、道路をはじめ、住宅、工業用資材として
色々な場所で活躍しています。
 アスファルトで舗装した道路の表面は、車の荷重などにより削れたり、ひびが入ったりします。そこで、いたんだ部分のアスファルトは削りとり、破砕し、新しい骨材などと混ぜ合わせて、再生アスファルトとして再利用しています。

主な使用機種   ガラパゴス

泥土リサイクル(建設残土)

がれきを、新たな施設建設の材料に!

建設発生土も、良質な改良土にすることが出来ます。しかも、現場で改良が行えるために、従来かかっていた処分費・新材購入費・運搬費を削減出来ます。

建設汚泥リサイクル

現場から排出される建汚泥を資源に

建設汚泥、浚渫土は、水分含有量が多く、処理が困難でしたが適切な乾燥及び改質化処理を施すことにより、再生が可能な資源です。

主な使用機種   リテラ

Utilizing Civil

捨てない土木で資源の活用

資源循環により地域社会へ貢献します

増え続ける建設廃棄物の処理は、建設業界だけでなく社会全体ひいては地球環境全体規模の問題として避けて通ることはできません。
弊社でもグローバルな見地から早々とエコロジー・ゼロミッションを意識し「人と自然そして地球の未来を考える・・・」をテーマにこの問題に取り組んでまいりました。
現在は、「捨てない土木で資源の活用」をキーワードに工事現場から出される廃棄物をその場で分別し、必要な処理を施して再利用する「現場リサイクル・現場循環型工法」を実践しています。
現場から出た建設廃棄物をその場で分別、再処理し、その場で再利用する現場リサイクル「現場循環型工法」は、従来のリサイクル概念を超え、その意義は大変大きいです。
今まで掛かっていた材料等のコストを大幅に削減できるばかりでなく、大気汚染の減少、資源の保全等、環境にも非常にやさしい画期的なリサイクル工法です。現場発生廃棄物全量を再利用するゼロミッション化を推し進め、地球環境のサポーターとして日夜前進、努力、研究を重ねています。

Information Discovery

情報開示